2014年04月03日

ー ピアノの音が綺麗!でした ー

20140403141002___.JPG
グレンツェンの九州地区大会は、5日間の開催。

先生は、会場に行けず仕舞い。

お母様方に
「羅針塾の生徒さんの演奏は、
どうだった?」と尋ねます。

すると、皆様の開口一番、
「先生、
羅針塾の生徒さんは、皆、音が綺麗だった!ですよ。」って。

「先生が、拘る音の響きがあって、
これなんだって。レッスンの時は気づかないのですが、コンクールになったら、解りました」


コンクールを重ねている親子さんも、
先生が、
何を求めてレッスンしているかを、
理解するようになりました。

そして、教室の仲間の演奏も、
応援してくれます。

こんなことが、コンクールでの学びなのです。

昨年から、成長した生徒さんが増えています。

もう少しだけ、先生を信じて素直に聞いてね。
お母様じゃなくて、先生をよ!

「先生の言ってることは、本当だったです!」

ほらね。
先生の言ってることを聞いたら、
絶対に大丈夫だから・・・

さあ、
新しい春と共に、次に進みます。
posted by 羅針塾ピアノ教室 at 14:10 | ピアノ教室紹介