2013年05月26日

ー 理系と文系 。その1 ー

ピアノを指導している中で、思わず
「あなた頭がいいわね」「算数、数学が好きでしょう」
と、
言ってしまうことが、多々有ります。

ピアノは、
両手で全く違う音符を読み取るのです。
これは楽器では、ピアノのような鍵盤ですね。
ですから、
難しいピアノで基礎を積んだ後に、他の楽器に移行すると単独の譜線ですから、楽になります。

ピアノは、初歩でも、演奏出来る簡単さが、あると言われますが、
ピアノだって、音を作りあげる難しさはありますよ。

先生は、習いたてから、音符と鍵盤の連結を指導しますが、
早い、遅いは、置いてて、
音符のまとまり、流れを図形で捉えて幾何で考えている生徒に出会います。

それと、算数、数が体内に刻まれている生徒。
ピアノの自立は、自分の力で楽譜を読み取ることですが、
自立が早いです。

初歩は、フラッシュカードや、音符読み、ドリルでもしますが、
楽譜上や、楽曲で読み取れないと、弾けない。

練習曲や、好きな曲や、レッスン、発表会、課題曲などで沢山の曲を仕上げながら、
慣れていくことです。
これは、理系の流れ。

ピアノには、これが、基礎の部分に値する。

先生は、特別に意識してはいないけれど、自身に流れているもので、指導しているのかもしれない。
posted by 羅針塾ピアノ教室 at 09:10 | ピアノ教室blog